施工事例詳細:町田市 パミール屋根を横暖ルーフでカバー工法と外壁にUVプロテクトクリヤー|相模原市の外壁塗装・屋根リフォームは【暮らし UP】

StepUp

町田市 パミール屋根を横暖ルーフでカバー工法と外壁にUVプロテクトクリヤー

  • 町田市 パミール屋根を横暖ルーフでカバー工法と外壁にUVプロテクトクリヤー
  • 町田市 パミール屋根を横暖ルーフでカバー工法と外壁にUVプロテクトクリヤー

築15年の町田市S様邸の屋根には1996年~2008年に製造、販売をされていたニチハのパミールです。「パミール」と検索すると数多くの不具合事例が見れ、TVでも取り上げられるほどです。



パミールの不具合で一番多いのが上の写真の層間剥離です。パミールは薄い層を何層にも重ねてミルフィーユ状になっている為、上から塗装をしても何も意味が無いのです。お施主様も理解はされていて今回はカバー工法での施工を行う事になりました。





いくつか提案をさせて頂きお施主様とも相談の上、今回はニチハの横暖ルーフαプレミアムSでのカバー工法となりました。奇しくも同じニチハの屋根材での施工となりましたが、この横暖ルーフαプレミアムSは「フッ素樹脂遮熱鋼板」でガルバリウムを超えたSGL鋼板となっております。
スタンダードな横暖ルーフSなどと比べ本体裏の断熱材も厚くなり、嵌合部(重なり部)の方まで詰まっているので断熱性に加えて遮音性に優れております!



屋根頂上に流れている棟板金を撤去すると「パミール」の文字が出てきました!パミールは層間剥離に加え、使用されている釘が錆びて腐食し、抜け落ちるという重大な不具合も報告されていましたがS様邸の屋根には見受けられませんでした。



防水の役割を担うルーフィングを下から貼っていきます。このルーフィングは裏面が粘着層になっていて、仮止めに穴を開ける必要が無いので一般的なルーフィングに比べ防水性が高くなっています!



S様邸の屋根では途中で急勾配となる腰折れ屋根という特殊な形状となっていますが、その分施工方法も変わり難易度も上がりますが腰折れ部の加工はバッチリです‼



換気棟といわれる部材を2箇所取り付けました!その名の通り屋根裏の湿気などを排出して換気出来る機能を持っています。「穴が開いていて雨漏りするのでは?」と疑問になる方もいらっしゃるかと思いますが、屋根裏に水が回ることはまず無いのでご安心下さい!





棟板金の取付も終わり、横暖ルーフαプレミアムSでの屋根カバー工事は終わりです!



続いて外壁塗装も行いました!全体的にコケやカビといった汚れの付着が多く見られました。



高圧洗浄ですが見ての通り洗浄だけでも大分綺麗になります!



今回サイディングボードに使用する塗料は日本ペイントのUVプロテクトクリヤーの艶ありです!この材料、通常の塗装とは異なり無色透明の保護塗料となっていますが紫外線吸収剤の力によって外壁の劣化を防ぎ、更には親水性があり超低汚染性のこの塗膜は汚れの下に雨水が入り込み流してくれるというなんとも優れたコーティング塗料!!
ですがこの塗料を使用するにはいくつか条件があり、その中でも劣化の進んだサイディングには使用が向いていないのですがS様邸の外壁では経年による微細なひび割れなどは見られましたが補修も軽微な為、今回はクリヤー塗装での施工となりました!



UVプロテクトクリヤーでの塗装の際には下塗りが不要の為、同じ塗料での2回塗りとなります!一般的に上塗り材には接着力が弱く、下地や上塗り材に見合った下塗り材の塗布がとても重要になるのですが、この塗料では直接塗装が可能なので密着力は充分にあります。



バルコニー下にあたる軒天が水を含み剥がれていました。S様邸では木片を高温圧縮した木質ボードが使用されていて水や湿気を含みやすい為、外装には不向きなものでした。なので今回は耐水性・耐火性のあるケイカル板での貼り替え工事を行いました。
現状の軒天を剥がしてみると.....



なかなかな腐食具合です...今回は軒天に加え下地も補強して防腐材の散布を行いました。





その後パテ埋め、シーリング処理して塗装を行いました!それに伴って軒天に水が回ってしまっていた原因はというと...



ある家、ない家ございますがお家の1Fと2Fの間にあるこの幕板です!帯と呼んだりもします。お家のアクセントにもなる幕板ですが板の上部には雨水が滞留しやすく、上部の防水が無くなると裏に水が回り腐食へと繋がります。



サイディングと幕板の取り合い部に斜めにシーリングを打つことにより水の滞留を防ぎます。幕板上部の防水処理は見逃しがちですが塗装をする際には必ず行ってもらうようにしましょう!
クリヤー塗装の際のサイディング目地などのシーリング工事はクリヤー塗装が終わった後の後打ちとなります。クリヤー塗膜は通常の塗膜に比べ固い為、シーリングに被せると割れやすく、また黄ばみなどの不具合も出てきます。逆に塗膜が被らない反面で紫外線を直接受けることになるので使用するシーリング材も塗料の耐久性に合わせるなどの確認も必要です。





バルコニー床のFRP防水のトップコートを行いました!トップコートには防水層を保護する重要な役割があるので傷んでからでは高額な工事になってしまう為、やはりこまめなメンテナンスは欠かせませんね!



全ての工程が終わり完工確認をしてお施主様にも喜んで頂くことが出来ました!雨が続き思うようには工事が進まずご不便・ご迷惑をお掛けしましたが、この度は暮らしUPをご指名頂き誠にありがとうございました。

一覧に戻る

mail form

施工事例

Information

暮らし UP
第1ヤード
〒252-0328
神奈川県相模原市南区麻溝台3125
 
第2ヤード
〒252-0328
神奈川県相模原市南区麻溝台1097-1
 
事務所
〒252-0324
神奈川県相模原市南区相武台2-2-5 BNレジデンス相武台103

リフォームのことなら相模原市の【暮らし UP】にお任せ下さい。スピーディーで確実な施工はもちろん、挨拶や礼儀も徹底してます。

  • tel:080-5913-0029
  • mail form
  • 塗料紹介・参考価格
  • 代表コラム
  • 保証内容

Page Top